【ココロノマルシェご相談】虚無感に襲われます。

こんにちは!

面談件数 約1万名の人生に立ち合いました。

色々な悩みに寄り添いました。

アドバイスするよりも聞くほうが得意です。

元看護師+現産業保健師で心理カウンセラー ミイです。

お正月も終わり、今日から平常にもどりました。

長期休暇入る前はウキウキしていたのに、

終わってしまうと仕事だ~って憂鬱な気分になっています。

ちょっとしたことで、気分は変わるもの。

自分の気分に〇つけていけたらですよね。

今回も、根本裕幸師匠ココロノマルシェのご相談に回答していきます。

虚無感に襲われます。 | ココロノマルシェ (cocoro-marche.com)

【ご相談文】

付き合って2ヶ月の彼氏がいます。 しかし、彼はとてもマイペースで連絡の頻度、会う頻度、会ってる時のスキンシップ、お金の管理の仕方など、知れば知るほど合わないと感じています。 私はもっと彼にかまってほしいのですが、これ以上かまってほしいと言うなら俺はもう無理かもと言われました。 女友達がもともと少ない中、みんな昨年〜今年に立て続けに結婚して、幸せいっぱいな姿を目の当たりしている中、私はやっとできた彼氏ともうまくいかず、婚活がなかなか上手くいかなかった経験からこの先に良い出会いがあるとも思えません。 自分一人だけが取り残されたような気持ちです。この先の人生を明るく想像できず、寂しくて寂しくて仕方がありません。 一人で楽しめる趣味を持とうと料理教室やダンススクールに体験入学をしたりしてみたのですが、新しく友達ができるわけでもなく、そこでも寂しさを感じてしまい、続きませんでした。 自分がどうしたいのか、何をしたいのか分からず、毎日悩んで、楽しく過ごせず、なぜ自分は生きているのだろうと涙が出ます。 誰からも必要とされていない気がして悲しいです。 どうしたらこの虚無感がなくなるのでしょうか。

【ミイからの回答】

にゃろめさん。

ご相談ありがとうございます。

初めまして。

元看護師+現産業保健師で心理カウンセラー ミイです。

にゃろめさんは、頑張り屋さんで与え上手な女性ですね。

その魅力をご自身うけとっていけるように、私なりの回答をしていきます。

よろしくお願いします。

**

にゃろめさん。

自分と向き合ってこられたんですね。

>寂しさ、悲しさ、虚無感

をあるって見つけられたんですね。

とても聡明な女性なんですね。

聡明でないと、自分で向き合うってことは、難しいんです。

私なんて、何年も寂しさに気づかず生きてきましたので。

それを、自分自身で感じ取るまで向き合って、ご相談できるってことは、とっても聡明で素敵です。

一人で楽しめる趣味を見つけてチェレンジできたんですね。

すご~い、チャレンジャーで頑張り屋さんですね。

寂しいって感じても、趣味を見つけてもチャレンジできない人いっぱいいます。

出来たことに拍手。よく頑張ってきたねって自分褒めしましょう。

今までも、ずっと一人で頑張ってきたのですかね?

そうすると、頑張ることが癖になってしまいます。

頑張ること事態が悪いことではなくて、本当は頑張れないのに頑張ってしまって、自分を苦しめたり、出来ないことで自分をせめてしまっていると、自分がつらくなってしまいます。

この頑張り癖は、小さいころからの親との関係が影響していると言われています。

なので、直接お話できるとしたら、

・両親は厳しかったですか?忙しかったですか?

・母親は面倒見良かったですか?

・母親の口癖は何だったですか?

・小さいころの母親は父親との関係は、良好でしたか?

などなど、親との関係を聞いていきたいです。

親の期待を背負たり、親へ何かしてあげれなかったりして、自分では知らないうちに、自分の人生を選択していることがあります。

ここを明確することで前に進んでいけます。

で、頑張ることが癖になっているようなら、頑張り癖をやめてみませんか。

家族、親友、同級生とか、頑張れませんって言える人がいたら、言ってみてほしんです。チェレンジできるにゃろめさんなら、言えると思います。言うってことだけ、チェレンジしてみてほしいです。

私も言えないので(言えないんかい)、言いにくいですが、ぜひぜひ。

**

もし、勘違いしてたら、ごめんなさい。

にゃろめさん、自分の合わないところにいるんじゃないですかね?

なので

>彼はとてもマイペースで連絡の頻度、会う頻度、会ってる時のスキンシップ、お金の管理の仕方など、知れば知るほど合わないと感じています。

>一人で楽しめる趣味を持とうと料理教室やダンススクールに体験入学をしたりしてみたのですが、新しく友達ができるわけでもなく、そこでも寂しさを感じてしまい、続きませんでした。

となっているのかと。

虚無感なくすには、自分が合う場所をさがすこと。

でも、自分のどうしたいのか、何をしたいのかわからないんですよね。

どーしてなのかなと根本裕幸師匠の視線で見ていくと

自分中心よりも他人優先なんだと思うんです。

他人優先。つまり与え上手なんです。

与え上手なにゃろめさんだからこそ、何か合わないかもと思っても相手へ愛をもって与えられるってことです。

私なら、合わない人がいたらビジネスライクに徹します。

ただ、私でもやっとできた彼と>連絡の頻度、会う頻度、会ってる時のスキンシップ、お金の管理の仕方合わないとなると、別れても次に良い彼と出会いがあるかが不安になって、躊躇してしまうと思います。

で、急には彼とのことをどうするかも決められないって思うんです。

そんなときは、虚無感をなくすためにも、自分がどうしたいのかを探すためにも、小さいことから自分で決めていくってことが大事なのかなあと思われます。

与える愛の人は、相手(家族・同僚・彼)が目の前にいると、自分に愛を与えらていない状況になっています。

なので、自分自身で決められることから、自分に愛を与えていくいのがおすすめです。

例えば、

・コンビニへ飲み物を買いに行ったとき、今なにが飲みたいんだろうか?

・仕事終了後、何をしたいのか?直行で家に帰るのか、寄り道して帰ろうか。

・休みの日、外食に行こうか、それとも家で食べようか?

・コーヒー飲むときにあ、ブラックかカフェオレか。砂糖入れようか。

などなどです。

自分で決められるところで、決めていってほしいんです。

徐々でいいです。出来なかったら、出来なかったでOKです。

出来ない私も、しゃーない、しゃーないです。

**

与える愛の人は、与えることで自分の愛をうけとり、虚無感がなくなることがあります。

なので、カウンセラーになったらどうでしょう?

今、第4期お弟子制度の募集が開始されようとしています。

私も、同じように新しい友達ができないとか、虚無感とかいっぱい感じていました。

お弟子制度にて、同じ心意気もつ仲間が出来ました。仲間ができることで一体感が感じられました。寂しいというと、仲間の助けが入り、虚無感や孤独感がほとんど感じなくなりました。自分と仲直りしたので、自分の価値観も明確にできるようになりました。

なので、にゃろめさんにもおすすめです。

詳しくはこちらから

もし、私でもよければいつでも相談にのります。

問い合わせは無料です。

読んでいただきまして、ありがとうございました。

カウンセラー ミイでした。