【講座から】親密感の怖れ~怖れを超えて彼を愛すること~を受けて

Hello!!!

愛溢れる皆様

根本裕幸師匠のお弟子3期生卒業。

親密感の恐れが強い

心理カウンセラー ミイです。

親密感の怖れが強いのに、カウンセラーしてます。

え~~~って思ったあなた。

親密感の怖れを熟知しているってことです。

すご~いですね。(^_-)-☆

親密感の恐れとは

自分と相手の心理的な距離が近づくと、親密感を感じるとなんだか怖くなってしまう心理のことです。

これは、過去の出来事でのハートブレイクの傷がきっかけになっています。

また、自分の心の前提として、「愛されない」「私はダメなやつ」になっているからです。

自分の腹黒さとか、可愛くなさとかっていう自分の正体がバレたくないから近づけないんです。

(余談ですが・・・ご安心ください。自分の正体は隠しきれてませんからね。

既に、相手にバレてますから(笑))

で、金曜日の夜にヤタ先輩の講座

親密感の怖れ~怖れを超えて彼を愛すること~

に参加しました。

さすが、ヤタ先輩。どうどうと話しするなあ~って思って受けてました。

(おいおい・・・ちょっと上から目線かも)

講座の中で親密感の怖れチェックがあったんですが、

10問中7問当てはまって・・・・私って親密感の怖れが強いんだって改めて自覚しました。

私の場合は

自分のことが好きじゃなかった

ってことが1番強かった気がします。

子ども時代から、褒められた記憶がない。

気づくとダメ出しされていた気がします。

なので、自己肯定感低い低い。

私は、自己肯定感低いのを何とかしようとして、

根本裕幸師匠の自己肯定感本やセミナー行きました。

れ、どうだったかっていうと

ヤタ先輩も言ってたけど、何やっても

親密感の怖れはなくなりませんでした。

(講座でも言われてたんですが)

親密感の怖れが失くそうってことは無理だ~って諦めたんです。

上手く付き合おうって決めたんです。

私自身の場合は

相手と仲良くなってくると

言葉に気をつかっていきます。

丁寧になったり、言葉使い大丈夫かなって。

で、なぜ言葉使い大丈夫かなってなるのかと言うと

親から

言葉使いが足りない、言葉使いが悪いって言われ続けてきたからです。

→やばっ。親のせいにしてますね(-_-;)

私は知らず知らずに、自分に暗示かけていた言葉。

辛かったし、苦しかった。

なぜ、親は私に言葉の注意をしてきたのかというのを

理解してみることにしました。

きっと、親は家業に忙しくて心の余裕がなかったこと。

また、私に愛される人になってほしいと願ったのかなと思っています。

小さい私はこの愛が受け取れなかったですね。

自分と向き合ったおかげで、親の愛を受け取れるようになりました。

そうすると、

「私は愛されていない」

という心の前提が変わってきました。

愛されていたんだ

ってなってきました。

私の中に鬼軍曹がいるので・・・・

まだまだ受け取れないこといっぱいありますが(笑)

他人の目からみると気づくこともあります。

そんな体験したい方は

2月日程で恋愛保健室Openしました。

詳しいことはこちらから

是非、興味あったら来室をお待ちしております。

申し込みはこちらから

読んでいただきまして、ありがとうございました。

ミイでした。

Follow me!