【ココロノマルシェご相談】本当に手放さなくてはならないものがわからない

愛豊な皆様。こんにちは!

ようこそ。ココロのオアシスへ。カウンセラーミイです。

親密感の恐れがある人の寂しさを癒し、自分らしさを取り戻したい人を応援しています。

今回も、根本裕幸師匠主催のココロノマルシェへ回答したいしていきます。

よろしくお願いします。

photo lavender flower field under pink sky
Photo by David Bartus on Pexels.com

【ご相談】

本当に手放さなくてはならないものがわからない

こはるさん

私は、幼少のころから、母親になんでもかんでも褒めて褒めて育てられとことで、自己肯定感の高い人間だと思っておりました。

でも、歳を追うごとに、自分は嫌われてはいないか?人からどう思われているんだろう?ということが生活の第一優先事項であり、少々自分を曲げても、人に合わせてうまく生きることが自分の得意技であり、幸せであると信じておりました。
いわゆる他人軸でしょうか。

7年ほど前に、16歳年下の既婚同僚から何度もお誘いがあり、夫の愛情に不満のあった自分は、いけないことだとわかりながらものめりこんでいきました。
会えばなぜか癒されました。
そのため、彼のたまの誘いは絶対に断りたくない一心で、自分都合は極力抑え、我ながらいろいろ不自由な毎日を送っていたと思います。

ただ、彼はいわゆる女性好きで、本気か遊びかは別として、片っ端から気になった女性の連絡先を聞いて回り、軽く連絡を取り合うようなタイプです。
私の若い友人にも連絡を取り、その友人に「彼は私をどうしたいんだろう?」と相談されたこともあります。
同僚女性からも、毎日夜にLINEがくる・・・と相談を受けました。

そんな信頼性の薄い、でもなぜか離れがたい関係が長く続き、ある日強制終了が起こりました。

彼が女好きであることをたまに言い合っていた仲の良かった同僚女性のTさんが、私が「女好きだと悪口を言ってる」と彼に伝えたのです。
当然、彼からは絶交を言い渡され、2か月過ぎた現在も職場では無視が続いています。

自分が蒔いた種。
自業自得です。
なぜ、彼を悪く言いたかったのだろう?年齢差による嫉妬心、自己肯定感の低さでしょうか。
その時やっと、いい大人として執着していた行動が恥ずかしい、と気づきました。

信じ切れなかった愛情を、今更取り戻す必要もないのです。
毎日、心理学本を読みあさり、根本さんの本も買いました。そしてこちらのブログにもたどり着きました。
「これは結果としてよかったんだ!自分は執着や嫉妬を捨てて徳を積み、次のステージに行くんだ!」と思ってはいるものの。
でも、あの日からずっと心が重く、モヤモヤとした日々を過ごしています。

単純に失恋したのであれば、彼への執着を手放すワークを行うことで楽になるように思います。
このことは、彼に対する執着だけではなく、私の「やらかしたこと」=「陰口をたたいたこと」が明るみになって見えてきた自分の性質を嘆き悔やんでいる気もするのです。

彼には謝るだけにとどめ、弁解ができなかったのですが、その時の気持ち、いままでの状況、Tさんへの不信感(Tさんがその場では私に同調したことが引っかかっています)を
伝えたい自分がいます。今更でも伝えればすっきりするのでしょうか?
そんな弱い自分もまるごと認め許せば楽になるのでしょうか?

毎日こんなに悩んでいるのに、文章に書き出してみれば案外大したことじゃないな・・と感じています。
自己反省はもう終えて、ゼロからやり直せばいいんだな、とも。

いつもいろいろな質問に対する納得のいくご回答を拝見し、気持ちが助けられています。
明るく真っ当に生きたい!という自分の背中を押していただけるご助言をいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

【ミイからの回答】

こんにちは!こはるさん。

ご相談ありがとうございます。

明るく真っ当に生きたい!と同じように思って生きているミイです。

こはるさん

誰かに背中を押してもらいたいですよね???

私もです。

同士のような気がして、回答したくなったちゃいました。

なので、回答させていただきますね。よろしくお願いします。

こはるさん。

>毎日こんなに悩んでいるのに、文章に書き出してみれば案外大したことじゃないな・・と感じています。
自己反省はもう終えて、ゼロからやり直せばいいんだな、

って、自分の中に答えはだせているのではありませんか?

答えがだせているのに悩んでいるのは、なぜでしょうね。

聡明なこはるさんなら、気づいているとおもいますが、

悩みって誰がつくっているのか知ってますか?それは、自分です。

例えば、自分のスキルアップしたいって思った時に、会社からやってみたい仕事の部署へ移動や転勤があったら、ラッキーって思い、悩みや問題にならないんです。

でも、今までいた部署で、好きな人と付き合い始まりそうって思ったときに、転勤話がでたら転勤するかどうか、どーしようかと悩み問題になるんです。

なので、こはるさん。彼との関係で悩み自分で問題を作っているんです。

で、この問題は、自分の新しいステージに行くためにおこしているんじゃないですかなって私は思います。

こはるさん、

新しいステージに行くときって、わくわくしませんか?

でも、どうなるか分からない未来に、なんだか不安と怖さも感じから、進めない言い訳みたいに悩んでしまっているのかもしれません。

それで、過去をみて

>このことは、彼に対する執着だけではなく、私の「やらかしたこと」=「陰口をたたいたこと」が明るみになって見えてきた自分の性質を嘆き悔やんでいる気もするのです。

>彼には謝るだけにとどめ、弁解ができなかったのですが、その時の気持ち、いままでの状況、Tさんへの不信感(Tさんがその場では私に同調したことが引っかかっています)を
伝えたい自分がいます。

と、不安という怖さを紛らすために、自己反省というなで進むことをためらっているんじゃないですかね????

違ったら、ごめんなさい。

でも、自己反省という名で、進むことを躊躇するのはやめて欲しいなという思いで、言ってみました。

心に刺さったら、あたりです。

こはるさん、

不安や恐れがあるときって、自分の本心とつながりを感じられるときに起こります。

自分の本心とつながりを持つときなんです。つまり、自分と仲直りして、自分の愛につながっていきませんか?

自分と仲直りすることにより、自分の本心に気づき、愛を信じられることができます。

愛につながることにより、不安や怖さが和らぐんですね。

例えば、自分が誰かと縁をつながりたいときって、その人のことが好きとか応援したいとかって気持ちがあるんだと思います。けど、本当に縁がつなげられるかどうかって、保証はありません。でも、自分がその人が好きだからとか、応援したい気持ちが大きければ、不安でも頑張ろうって思えます。

自分との気持ちや愛につなげれば、OKってことなんです。

私からのご提案は、不安や恐怖をぶっ飛ばせ!!!!

自分とのつながるを戻すっていうテーマで

自分の価値・魅力をみつけて、弱い自分もOKにしましょう。

無視している彼ではなく、自分の愛をみるために、気持ち(心)に寄り添っていきましょう。

という2つです。

anonymous lady in swimsuit standing in sea
Photo by Ben Mack on Pexels.com

自分の価値・魅力をみつけて、弱い自分もOKにしましょう。

こはるさん。

先ほども書きましたけど、ご相談文拝読して思ったことは、

自己反省が多いなってことです。

私も自己反省多いほうなので、人のことをとやかく言えません。

けど、こはるさん、自己反省しながら、自分の弱さを嫌ってしまっていませんか?

自分の弱さを嫌っていたら、自分の弱さを嫌うことはありません。

だって、自分の弱さは、他人を助けることになるからです。

私のことを話ますね。

私も、こはるさんと同じように

>でも、歳を追うごとに、自分は嫌われてはいないか?人からどう思われているんだろう?ということが生活の第一優先事項であり、少々自分を曲げても、人に合わせてうまく生きることが自分の得意技であり、

と思っていきてきました。

でも、あるときこの得意技が、人に合わせすぎて遠慮深くなり、楽しくない、悲しいし苦しくなってきました。自分の遠慮深さを自己嫌悪していました。

で、お弟子さん仲間に私の遠慮深さを話したところ、この遠慮深さが心地よい距離感だと言ってくれました。

つまり、私の弱さである遠慮深さは、相手の心地よさにつながっていました。

なので、こはるさんの他人に合わせることも、相手にとっては良さになっています。他人軸なのかなって悩まないでくださいね。

こはるさん、

このご相談をきっかけにして、同僚や友達などに自分の良いところを聞いてみましょう。

自分の弱いところが、良いっていってくれるかもしれません。

そして、自分にOKだして受け取ってみましょう。

person holding cat
Photo by Binavinya 🌼 on Pexels.com

無視している彼ではなく、自分の中の愛をみるために、気持ち(心)に寄り添っていきましょう。

こはるさん

毎日出勤している職場で

>2か月過ぎた現在も職場では無視が続いています。

って状況が続いていたら、悲しくなり、何が悪かったんだろうとか

何をしたら改善されるのだろうとか、考えてしまいませんか。

私なら、こんな状態が続いてたら、

>片っ端から気になった女性の連絡先を聞いて回り、軽く連絡を取り合うようなタイプです。

って、彼にも原因があるんじゃないって、誰かに愚痴ってしまいそうです。

でも、優しいこはるさんは、自分にも原因があると思い

>このことは、彼に対する執着だけではなく、私の「やらかしたこと」=「陰口をたたいたこと」が明るみになって見えてきた自分の性質を嘆き悔やんでいる気もするのです。

って、自分の中の問題をクリアしようとしています。

素敵です。女神さまみたいな存在です。

だって、彼にあんたも悪いって言ってなくて、自分の中の問題で責任とろうとしているんですもの。

彼にとって、責められないって、とっても安心感がある状態なんです。

その安心感を与えているこはるさんは、素晴しいし、愛情深い女性なんだと私は思います。

でも、こはるさん

>「これは結果としてよかったんだ!自分は執着や嫉妬を捨てて徳を積み、次のステージに行くんだ!」と思ってはいるものの。
でも、あの日からずっと心が重く、モヤモヤとした日々を過ごしています。

ってことは、彼に対して何か心に思っていることがあるんじゃないですかね???

説明すると、彼と絶好したときに、悲しかったり、惨めだったり、寂しかったり、彼に対する怒りとか感じていると思います。でも、そのネガティブ感情を感じたくないために、「これは結果としてよかったんだ!自分は執着や嫉妬を捨てて徳を積み、次のステージに行くんだ!」と自分の思考で抑え込んでいるのではないかと思うんです。

そうすると、「心が重く、モヤモヤした日々」って状況になってしまうんですね。

せっかく前に進もうって思っていたのに、2足踏んでいる状態なのかなって。

私は、もったいないなって思います。こはるさんは良い女です。

自分らしく前に進みませんか???

こはるさん、

絶交されて無視している彼にたいしても、色んな気持ちで配慮してませんかね??

愛が深いこはるさんですもん。

たとえ、無視されていても、彼に対して彼の愛(良さ)を見つけているんじゃないかなと

私は思ったんです。

自分の愛に気づくために、自分の気持ちや彼への思いを、紙に書き出してみましょう。

日々の心の日記をつけてみませんか??

無視している彼をみて、私はどういう気持ちになっているのか。

本当は、私は彼とどういう風になりたいのか。仕事上でどう関わっていきたいのか。

心をみつめてしましょう。

注意としては、私はどうしたいのか、どういう気持ちなのかを書いていってくださいね。

先に、私の気持ちを聞くってことがポイントです。

自分の気持ちを聞いていくことで、自分に戻すことができます。

そうすると、無視している彼に振り回されなくなり、気持ちも軽くなっていきます。

ちょっとしんどいけど、頑張りましょう。

romantic black couple chilling on couch with dog
Photo by Andres Ayrton on Pexels.com

こはるさん。

彼に無視されて、心が傷つきまくっているのに

すご~~~く頑張っていますね。

自分でなんとかしようとされて、モンモンとしているんじゃないですかね???

ココロノマルシェでご相談するのもOKですが、マルシェだと話を聞けないので、回答文見ながら自分でされに頑張り疲れてしまいそうです。

頑張っているなって思ったなら、カウンセリングを利用してみませんか?彼への気持ちを手放すのが早くなります。

私もカウンセリングを受けているんですけど、他人から自分をみてもらうことで、

自分ではみれない私や奥底に眠っている私の気持ちが分かり始めました。

もし、私のカウンセリングに来られたなら、親子関係、過去の恋愛経験など聞いていきたいです。

話を聞くことで、元カレに無視されて寂しくなっている根本を探ることができます。

私たちの感情って、過去の経験で痛い目にあっている感情が残っていて、それが今起きていることに重なっているんですよね。(上手く説明できなくてごめんなさい)

心の傷って、痛くて自分では見れないんです。

カウンセラーに見てもらうことで、自分の奥底に眠っている気持ちに気づき、手放しが早く進みます。

そして、自己嫌悪が強くなっているのかなって思うので、自分を癒すイメージワークしたいです。なぜ、イメージワークで行うかというと、イメージの世界でするので、安全・安心感があります。そして、癒しが早く進みます。

是非、お試しを!!!

こはるさんの幸せを祈ってます。

読んでいただきまして、ありがとうございました。

ミイでした。

カウンセリングのご要望等の問い合わせは、こちらからお願いします。

友だち追加での問い合わせはこちらから。

メールからの問い合わせはこちらから。

Follow me!