理不尽なことを乗り越える方法は? 自分軸に戻す

 最近、上司に理不尽なことで怒られて、絶対許せないって思っているミイです。

defocused image of lights
Photo by Miguel Á. Padriñán on Pexels.com

仕事していると、こんなこと私に言われてもどーしようもないだろうって

思ってしまうことがありせんか?

できれば理不尽な思いしたくない、ダメージを食らわずに過ごしていきたいです。

そんな私のような同じ同志に、理不尽な思いをぜずに済む方法があります。

それは、 

相手軸(他人軸)になっている自分に気づき、自分軸に戻して行動するってことです。

また、自分軸ですか???って思ったあなた。

さすがです。

なぜなら、自分軸に戻して行動すると、

自分で選択でき=自由になるからです。

心が苦しくなくなります。理不尽さから解放されるんです。

私の場合で説明します。

私は、同僚から

 私が〇〇と指示したんですか?っとか

なぜ、これを私に頼むんでくるんだ?他の人に頼んだら~とか

勝手にしないで、欲しいとか

と言われました。

私は、この言葉を聞いて、カチンときましたが、

大人の対応で「ごめんなさい」とか、「お願いします」とか言いました。

後から、ムカムカしてきて、あいつ絶対許さね~~~って怒り爆発。

謝ってくれるまで、許してやんね~からと、お恨み帳に怒りをぶつけました。

ここで、相手が謝るまで許さないとずっとしてしまうと

私の怒りを鎮めるのは相手になります。

つまり、相手が謝ってくれるまで、自分を許さないっていうことをしてしまうのです。

自分を許さない状態になっていると、心が苦しくなります。

苦しいのは嫌ですよね?

自分で意識することは、自分がどうしたいかであり、苦しさも自分でなんとかできるってことです。

相手の言動に振り回されていると。(謝らないことに)

やばい、恨み、つらみになってしまい、益々怒りが収まりません。

=他人軸なんです。

理不尽さが積もっていきます。

相手に意識がいきやすくなります。

だから、自分、自分と意識を自分で強引に戻すことです。

つまり、自分がどう感じているか?どう思ったのか?

どうしたいかっていうことです。

理不尽なこと言われている私は

どう感じているのか?どう思っているのか?です。

私の場合は、上司が怒っていることにむかつき。

自分ではなんともならないんじゃないかって思ってました。

あきらめが強かったんです。

上司が悪いんじゃ~~ってなっていたら、相手がなんとかしないといけないんです。

相手がなんとかしてくれるかっていうと、微妙です。

自分軸で行動するならば、自分でなんとかするしかないんです。

相手をかえることはできないけど、自分がやれることはやってみるしかないんです。

で、

私が上司に怒りがあったのは、不安感が大きいこと。会社のことなので、自分では決められないことに、イライラしていたんです。自信のなさがありました

って、ことは

自信のなさはすぐにはなくならないけど・・・出来る範囲でやってみようかって思えるようになりました。

そしたら、理不尽さと心苦しさがとれてきました。

理不尽なことがあったときは、

相手が謝ってくれるまでとか、やってくれるまで、待つこともしてもいいし。

それが嫌ならば、苦しいならば、自分でやれることをやってもいい。

選択は自分次第です。

好きなようにやってよし。です。

これ書いたら、すっきりした。

読んでいただきまして、ありがとうございました。

ミイでした。

Follow me!

日記

Posted by ミイ