【心理学雑談】我慢していることとは

こんにちは!

こじれたココロをほどきます。

カウンセラー ミイです。

今回は、「我慢」についてです。

私にとって、「我慢」って当たり前のことです。

私の家は、自営業です。

土日は両親が仕事をしているので、子どもころから私はお休みの日に遊んでもらった記憶ありません。

唯一、休みの日にお出かけできるのが、夏休み、冬休みです。

友達と比べてもいけないのかもしれませんが、友達たちは土日の休みに遊園地に行ったとか話を聞くと

羨ましくて仕方がなかったです。

なぜ、私だけ親にどこか連れてってもらえないんだろうって思ってました。

悲しくてさみしかった。虚しかった。少女時代。

ずっと、その気持ちを我慢してきました。親に甘えたくても甘えられなかった。

たまに、我慢できなくて、

両親「遊園地に行きたい」とか「どっか連れてって」っていうと

「仕事で忙しいんだから、いけないのは仕方ないんじゃない」って言われ。

余計悲しさUP。なぜ、私の気持ちわかってくれないんだって

そんなことが続いたためか?我慢強い私へ変身しました。

いつの間にか、一人で何でもやり、大人になると、友達を誘ってOKでないと

嫌なんだなって勝手に思い込んできました。

それが癖になっているような気がします(笑)

いや、拗ねてきちゃったんだなって。思うこの頃です。

そこで、取り込んだのが自分との仲直りです。

自分のさみしさ、悲しさ、虚しさをヨシヨシ。

自分の中にあった「こうしていたい」って欲求をノートに書きだしました。

自分のやりたいこと、すきなことを優先すること。

相手がいるときにも、自分はどうしたいか聞いてあげることをしました。

全部すっきりとまではいきませんが、10年前よりは明るくなりました。

楽しさ、嬉しさも倍増しました。拗ねも良くなった感あります。

もう少しで、今年1年が終わります。

今年の心のほこりは今年のうち掃除しましょう。

お掃除手伝ってほしい人は、お問い合わせ

お待ちしています。

カウンセラー ミイでした。