【ココロノマルシェご相談】元彼を忘れられない、一人が怖い

愛豊かな皆様。

ようこそ。癒しの場、ココロのオアシスへ

生きづらい私から生きやすい私になってきた

心理カウンセラー ミイです。

先週は、色んなことがありました。

夏に発症した甲状腺炎のため、甲状腺ホルモンが低下しており、悪くないけど試しに内服が始まりました(悲)

良くなって通院いらなくなっているかな~~って思ってたのでがっかり(ち~~ん)

当面、通院が必要になりました(あ~あ)

正式に甲状腺低下症とは診断されていないから、そのうち良くなるって願ってます。

前置きを少し書きましたが

今回も根本裕幸師匠主催、ココロノマルシェに寄せられたご相談に回答していきたいと思います。

感覚派の私なので、文章は読みにくいかもしれませんけど、

読んでいただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

unrecognizable couple holding hands at sunset
Photo by Trung Nguyen on Pexels.com

【ご相談文はこちらから】

元彼を忘れられない、一人が怖い

すおさん

つい2週間ほど前、4ヶ月ほど付き合った彼と別れました。
それから、空虚感が凄いです。
彼から連絡が来てないか、彼は元気にしているか、彼にとって私は何だったのか。気になって頻繁にLINEを確かめてしまう自分がいます。

ただ、彼は優しい方で、私が押せ押せで流れで付き合ったところもあり、頻繁な喧嘩、破局復縁を繰り返したなかで「本当は好きじゃなかった」とまで言われたところもあります。
優しいところや、当時頻繁に会っていたから惹かれたのだと思いますが、趣味、生活リズム、価値観が合わない部分も多く、たとえ復縁したところで上手くいかないんだろうなあと思います。
例えば彼の仕事柄クリスマス、年末年始が会えず、その間連絡もほとんどなく、忙しく大変な彼を理解したいと我慢もしましたが、あまりにも連絡がなく、「ここに行ってた」と後日談で言われたLINEが私の家の近くだったとき、遊びに行く暇はあるのに会いたいってならないんだ・・・と怒りを覚えたこともあります。価値観の違いは沢山感じました。
私が白黒はっきりしたいタイプなため、「会えないとしても、好きな相手に連絡もないのはおかしい。別れるならもうはっきりしましょう」と我慢の限界が来て、年末に結論を迫った結果、別れた次第です。
その際に「私にはあなたが必要じゃなかった。一緒にいる未来が見えない。」と言われ、その言葉の重みに辛さを味わいながら、返す言葉もなく別れを受け入れた次第です。

しかし、年が明けたらこれをしようねと未来の約束をしたことや、楽しかった思い出を忘れることが出来ず、未だに苦しんでいます。
無理矢理思い出の写真を消したり、連絡先を消したりしましたが、苦しんでいる現状で、納得のいかない別れ、無理矢理忘れようと蓋をしたところが執着になっているのだと思います。

その中で
・私は彼を愛していたのではなく、絶対的に肯定してくれる存在として「彼氏」という存在が欲しかったこと。
・周りに彼氏がいるのに自分にはいないコンプレックス
・学生時代にモテることがなく、恋人がいなかった過去がコンプレックスになっている(見た目が可愛ければ愛されるという考えがあり、整形もしています。容姿へのこだわりも凄いです。)
・友だちと仲違いすることも多く、一人が寂しい・否定されることに耐えられない
ことに気づきました。

今は復縁したい、新しい恋人が欲しいという感情はなく、この苦しみから解放されたいと思いでいっぱいです。

何か助言頂ければ幸いです。

【回答文はこちらから】

はじめまして。

すなさん。

ミイです。

ご相談ありがとうございます。

すなさん。

このご相談されてから、いかがお過ごしでしょうか?

>つい2週間ほど前、4ヶ月ほど付き合った彼と別れました。
それから、空虚感が凄いです。

とのことですけど、今はどんな感じですかね。

まだ、

>この苦しみから解放されたい

なら、心を癒すほうが良いです。

自分の心の痛みに向き合うのは

みんな嫌なもの。

早くなんとかしたい。

早く楽になりたい。

早く彼のこと忘れたい。

って思うものだからです。

楽にしたいって思いながらも

>彼から連絡が来てないか、彼は元気にしているか、彼にとって私は何だったのか。気になって頻繁にLINEを確かめてしまう自分がいます。

となるのはしゃーないんじゃないでしょうか??

だって、心の傷(エゴ)はこれ以上傷つかないように、

彼と仲良くなっていたらこんなに傷つかなくって良かったんじゃないかと思い、

彼が元に戻れば、心の傷は軽くなるって感じるので、

そういうことを思ってしまわせるからです。

なので、すなさん。

彼がどうしているのか気になるのは、すなさんの心が傷つかないように守っているので、

しゃーないよねって、ご自身の今の状態にOK出してくださいね。

woman squatting near gray concrete wall
Photo by Rafael Barros on Pexels.com

すなさん

お別れしたあとは、心が癒すまでにゆっくりしてくださいませ。

お別れするには、日にち薬といって喪に服すというように日数が必要だからです。

例えば、日本の風習でお葬式の後、45日法要があります。

なぜ、45日法要があるかというと、45日間亡くなった故人を別れる期間=喪に服す(心をいやす)期間が必要だからです。

45日間、故人との思い出を家族や友人と話をして、泣いたりいい思い出を語りあったりしてします。

45日法要後、お墓に納めます=故人との別れ(悲しみ・むなしさ)を手放すのです。

別れは、そばにいなくなることであり、心にとってはお葬式と一緒って言われています。

彼が大好きだったから、大好きな人に(そば)居れなくなったから、悲しんです。虚しいんです。惨めな思いが湧き上がってきます。

なので、すなさん。

辛いかも苦しいかもしれませんが

今はその大好きだったお別れした悲しみにふれ、大泣きしましょう。

誰かに彼との未来のことを話してみてくださいませ。

そうするとすなさんの気持ちが整理してきます。

やってみましょう。

woman wearing tank top touching glass panel
Photo by Edu Carvalho on Pexels.com

すなさん。

彼のこと大好きですよね?

だからこそ、

>・私は彼を愛していたのではなく、絶対的に肯定してくれる存在として「彼氏」という存在が欲しかったこと。
・周りに彼氏がいるのに自分にはいないコンプレックス
・学生時代にモテることがなく、恋人がいなかった過去がコンプレックスになっている(見た目が可愛ければ愛されるという考えがあり、整形もしています。容姿へのこだわりも凄いです。)
・友だちと仲違いすることも多く、一人が寂しい・否定されることに耐えられない
ことに気づきました

って自分責めしているんじゃないかな。

すなさん。

彼のこと大好きですよね??

別れた罪悪感ありますよね?

だからこそ、執着になるし、苦しさも増すんだと思います。

大好きな彼をかばいたい、悪くいいたくない。からこそ、自分の原因を書いているんじゃないですかね?

自分のせいにしてまでも彼のことが大好きだから、かばいたいから、

そうしているすなさんは愛が深い人ですね。

すなさん。

>頻繁な喧嘩、破局復縁を繰り返した

んでしょう?

本当に相手を信頼しないと喧嘩って出来ないものです。

好きだからこそ、相手に分かってもらいたいからこそ、

喧嘩するんです。

喧嘩って、男女が仲良くなるためのツールって言われています。

男女って、違うからひかれあうし、補うことができます。

だからこそ結婚するんです。

そのために喧嘩は必要です。

喧嘩することで、お互いの嫌な部分、分かって欲しい部分が

分かり合えるんです。成長するんです。許しあえるんです。

例えば、知らない赤の他人なら、喧嘩したりしないでしょ?

いきなり喧嘩したら、なんだこいつって思われるし

警察沙汰になるかもしれません。

知らない他人なら、そこまで自分のこと分かってほしい、

愛して欲しい、認めてほしいって思わないって思います。

彼もすなさんのこと好きだから、

分かってほしい、愛してほしいから喧嘩するし、

最後は啖呵きっちゃって、

>「私にはあなたが必要じゃなかった。一緒にいる未来が見えない。」

といっちゃったんじゃないでしょうか。

すなさん

すなさんが押したから彼は付き合ったのかどうかわかりませんけど

(彼に聞かないとわからないから)

付き合っている中ですなさんの存在は大きくなったんじゃないかなって私は思います。

パートナーシップを学んだときに

教えてもらったんですけど、

付き合いが深くなると男性は安心して仕事に精を出すそうです。

仕事柄、忙しい彼ならば、すなさんといると安心して

仕事に精を出せたから、連絡もあまりなかったんでしょうね。

すなさんは彼にとってはいい女だったってことです。

今は受け取れないかもしれませんけど、

時間が経ったら受け取りましょうね。

silhouette photo of woman against during golden hour
Photo by Jill Wellington on Pexels.com

すなさん

色々書きましたけど、悲しいときは無理に執着を手放すことはしなくてもいいんだと思います。

それよりも、自分を感情に目を向けて、泣きたいときは泣き、

笑顔になったら自分が喜ぶことをやってほしいです。

そうしたら、あっという間に笑顔のすなさんになれます。

すなさんが好きなようにしたら、好きなような人生が訪れます。

すなさんの素敵な笑顔と幸せが訪れますように。

祈っています。

読んでいただきまして、ありがとうございます。

ミイでした。

Follow me!