【ココロノマルシェ】夫への執着?の手放しと後悔との付き合い方

愛溢れる皆様。こんにちは!

根本裕幸師匠主催、お弟子3期生卒。

元看護師+現産業保健師、

心理カウンセラー ミイです。

今回も根本裕幸師匠主催のココロノマルシェのご相談に回答していきます。

私も執着しがちなので、相手軸になりやすいです。

ご相談文拝読していると、ご相談者さんも夫軸になっていると私は思います。

なので、自分軸に戻すことが重要なんです。

【ご相談文】

夫への執着?の手放しと後悔との付き合い方

すずめさん

夫が一回り年上の歳の差夫婦です。
結婚3年目子供はいません。
結婚前から仲良しですが夫拒否のセックスレスでした。

昨年1月、子供が欲しかった私がセックスレスについて、責めた事から関係が急激に悪化して、遂には夫に1人になりたいと言われたため、夫の1人の時間を増やしました。しかし、夫は同時期ごろから、幼なじみの女性と浮気をしていました。LINEと電話のやり取りだけで、直接会っていないため、身体の関係はありません。また、相手女性には彼氏がいるため、夫の事は構って欲しい時に相手してもらう都合の良い相手のようですが、夫は彼女に入れ込んでおり、彼女からの返信や反応の有無に、かなり機嫌が左右されています。

最初に事実を知った時はショックから体重も10キロほど落ちましたが、色々調べて、どういう結果になっても、後悔しないようにしたいと思う様になり、自分が思う自分の悪かった所を見直し、夫には優しく、受け入れる事を続けて来ました。
また、夫との結婚を誰よりも喜んでくれた義母が病床にあったこともあり、義母に迷惑や心配をかけたく無い気持ちもあり、事実を知ってから約1年、私は夫と彼女の事は知らないフリを続けていました。
1年ほど前はかなりキツかった夫の態度も少しずつ柔らかく戻って来つつあったのですが、先日病床にあった義母が亡くなりました。
義母が亡くなってから、夫は前にも増して、彼女に連絡を取り、また彼女からの連絡に機嫌が左右されるようになり、私も自分の方向性がいまいち分からなくなってしまいました。

夫と彼女のことが気になったり、夫の機嫌に左右されるのは夫に執着しているからでしょうか。
夫に全てを知っている事を打ち明けるべきでしょうか。
また、義母が夫と私の子供を楽しみにしていた事を親戚の方から聞き、後悔の念に囚われてしまいます。私も子供が欲しかったのに、この気持ちとはどう向き合ったら良いのでしょうか。

【ミイからの回答】

すずめさん。

はじめまして、ミイです。

ご相談ありがとうございます。

すずめさん。

夫のこと、子どものこと、義母の死と色んなことがあったんですね。

身内の不幸って、心が張り裂けそうになる出来事です。

お辛く状況が続いていませんか?

お辛い状況ならば、ゆっくりする時間をつくってくださいね。

その辛い状況のなか、夫のためにあれこれ考えて行動できるすずめさん。

行動力があって、夫への愛情深く、とても素敵な女性ですね。

愛されている夫は、とっても幸せだろうなって私は思います。

すずめさん、

自分のことより夫を大切にしないと

「自分は愛されないんじゃないか」って

思ってませんか?

それを、現実させるためにセックレスということが

起こっているのかもしれません。

すずめさん。これを聞いて「え~~」って思われたんならば、

心の奥底に感じているかもしれません。

なので、自分を大切にしましょう。

自分を大切にするには、

>夫と彼女のことが気になったり、夫の機嫌に左右されるのは夫に執着しているからでしょうか。

と夫軸から自分軸に戻すことです。

自分軸に戻すアドバイスを中心に書いていきます。

すずめさんが、セックレス解消した方法をお聞きしたいならば、

セックレス解消アドバイザーをご紹介します。

同じお弟子3期生のよしのカウンセラーです。

彼女は、4年間夫側拒否のセックレスを解消した経験を活かし、カウンセラーとしてサポートしています。

ご興味あれば、彼女のブログを読んでみてくださいね。

sunny place 夫側拒否のセックスレスを解消した私が教えます!あなたのレス解消をサポートするブログ (yoshino119.com)

私のアドバイスが読みたい場合は、ここから先をお読みいただきたいです。

attractive woman sitting on floor in room
Photo by Ali Pazani on Pexels.com

すずめさん。

自分でも気づいていますが、夫への執着が強くなっているかもしれませんね。

ご相談文を拝読すると、私という主語がほとんど見当たりません。

主語がないことがいけないことではなくて、執着していると主語がなくなってしまって、

相手のことなのに、まるで自分のことのようになってしまいがちなんです。

そうなると、すずめさんが気づいているように、相手の機嫌に振り回されていまいます。

なので、自分を大切にして主役にしていきましょう。つまり、自分軸です。

すずめさんへのアドバイスは

1.私がという主語をつけて、私がどうしたいのかを話すようにしましょう。

2.私の魅力を見つけて、頑張らなくても愛されていると感じる世界をつくりましょう。

です。

1.私がという主語をつけて、私がどうしたいのかを話すようにしましょう。

すずめさん。

初めに、グサッというかもしれませんけど、ご了承いただけると嬉しいです。

先ほど、書きましたが、まずはご自身の相談文をお読みくださいね。

読んでどう思われましたか?

聡明なすずめさんなら、とっくに気づいていると思いますが、

あえていいますね。

夫がどうしたから、自分はこうしたって書いてあります。

なので、私がという自分を主語にして、私がどうしたいのかを書いたり話すようにしましょう。

すずめさんは、

夫への愛が強いので、

>自分が思う自分の悪かった所を見直し、夫には優しく、受け入れる事を続けて来ました。

>夫との結婚を誰よりも喜んでくれた義母が病床にあったこともあり、義母に迷惑や心配をかけたく無い気持ちもあり、事実を知ってから約1年、私は夫と彼女の事は知らないフリを続けていました。

と自己犠牲にしやすいんです。

夫への愛でしていたことが、自己犠牲により苦しくなってしまってます。

自己犠牲って、自分を大切にしていないんです。

愛ですると苦しくなくなるので、自分を大切にするってことで愛に戻しましょう。

で、自分を大切にする=自分がどうしたいのかを意識するようにしてましょう。

日頃からの訓練が必要なので、

何かするときに、立ち止まって、

「私はどうしたいのか?」と心に聞いて、行動する癖をつけましょう。

私がどうしたいのかが、分かりやすくなるし、自分に意識が向くために自分軸になりやすいです。

smiling hispanic woman with photo camera standing on street
Photo by Budgeron Bach on Pexels.com

2.私の魅力を見つけて、頑張らなくても愛されていると感じる世界をつくりましょう。

すずめさん。

自己犠牲する裏顔には、

「私はこのままの私では愛されない」っていう思いが隠れています。

「私はこのままで愛されない」という思いから

>夫に全てを知っている事を打ち明けるべきでしょうか。

と、打ち明けるかどうか戸惑っているんじゃないですかね。

それは、すずめさんが夫への愛から

打ち明けたら、夫が傷つくかもしれないっていう思いもあるかもしれませんね。

ずずめさんは、愛情深く慈悲深いから、

全部しっているって打ち明けられないんだと私は思います。

で、すずめさん、

>夫は前にも増して、彼女に連絡を取り、また彼女からの連絡に機嫌が左右されるようになり、私も自分の方向性がいまいち分からなくなってしまいました。

としまっているってことは、自分をちっぽけに扱っているからかもしれません。

なので、自分の魅力を見つけ、頑張らなくても愛されるって感じる世界をつくりましょう。

(書きながらも、私自身も価値観が低いので、ちょっと心が痛いです。笑)

自分の魅力を見つけるって、どうやるかですが、

すずめさんは夫のため、義母のために頑張ってきたことがありますね。

その頑張りで手に入った価値をうけとりましょう。

すずめさんのご相談文から、すずめさんが頑張ってきたことを書いてみますね。

私たちお弟子に相談してきたこと。

夫に1人になりたいと言われたため、夫の1人の時間を増やして、夫へ配慮してきた。

幼なじみの女性と浮気をしていたのに、夫を問い詰めてないこと。

義母に迷惑や心配をかけたく無い気持ちがあって、自分の気持ちを我慢してきたこと。

夫との不倫で悩みながらも、病床にあった義母を看病してきたこと。心配させなかったこと。

夫の態度も少しずつ柔らかく戻ってきたため、浮気を許したこと。

義母が夫と私の子供を楽しみにしていた事を親戚の方から聞き、後悔の念をいだき囚われ、自分の原因を探ろうとしていること。

どうでしょうか?

すずめさん。

すっごく頑張ってきましたね。

この頑張りで得たものは、何でしょうか?

夫のことを考え、理解しようとしてきた気持ちなんじゃないかなって、私は思います。

すずめさん。

どうでしょうか?

もし、カウンセリングに来られたら、愛されない私のもとになっていると思われる

両親との関係を紐解きたいです。

そうしたら、もっとすずめさんらしく、生きられるんじゃないかなって思うんです。

ちなみに、私もカウンセリング募集中です。

読んでいただきましてありがとうございました。

ミイでした。

silhouette of trees during golden hour
Photo by Pixabay on Pexels.com

ここからはお知らせ

カウンセリング募集中です。ご興味ある方はお待ちしております。

5月の日程です。

あなたの幸せを応援しています。

ミイでした。

Follow me!