【根本裕幸師匠のブログを読んで】いつも身体だけの関係になってしまう理由とその対策、7選から

愛豊な皆様。こんにちは!

自分らしさを探している頑張り屋さんを応援しています。

心理カウンセラー ミイです。

元看護師+現産業保健師をしてます。話を聞くのは得意です。

皆さん。ご無沙汰しています。

誰もまってないよって言わないでくださいね(泣き)

バタバタとする毎日が続き、ブログが書けない日々。

書く日を決めようかなって思いました。

平日は、火・木。土日は、どちらかで更新にしたいです。

お楽しみに。

silhouette of woman standing against sunset
Photo by Anna Tarazevich on Pexels.com

最近、私はなんだか「無理しているな」って思うことが増えました。

なんだろうって、自分と向き合うと「我慢」していることが多いような気がします。

で、そんなとき、根本裕幸師匠のブログに「いつも身体だけの関係になってしまう理由とその対策、7選。」が書かれていました。

パートナーシップにおいて、いつも身体だけの関係になってしまうって悩みなんですが、私も悩んだ時期がありました。私の場合は、段々とデートがなくなっていくっていうモヤモヤした気持ちがあったなと、読んでいて思い出しました。

私の当てはまりそうな理由は、以下の通りです。(カウンセリング受けたら、ほかの理由も出てくるかもしれませんけど、自分でわかる範囲ですけど)

1.自分の価値や魅力を軽く扱いすぎている。

2.与えられるものが身体しかない、という思い込み。

3.罪悪感

4.復讐心

5.親密感への怖れ

そのことについて、今日は

1.自分の価値・魅力を軽く扱いすぎている

ことについて書いていきます。

数年前の私は、男性から褒められても、「私のこと知らないのによく褒めるよな」って思ってました。

これは、男性が褒めるっていう愛をくれても、いえいえ私なんて、とんでもありませんって思いが強いってことなんです。自分の価値・魅力を軽く扱いすぎている証拠なのかなって思います。

なんて、もったいないことしていたんだって、今の私は思っています。

数年間かけて、心理学やカウンセリングで癒しを続けた結果、褒められるとありがとうって心から言えるようになりました。

まだまだ、自分の価値・魅力を受け取れないことがあるので、根本裕幸師匠の問いに答えてみます。

「なぜ、そんなに自分の魅力を低く見積もっているのだろう?」

「なぜ、自分をもっと大事にできないんだろう?」

魅力を低くみつもって、何が得られるのかなって考えてみました。

私は、魅力を低くして誰かに助けてもらいたかったのかもって思いました。

それは、親です。

私の両親は、家業をしていて毎日忙しい日々、小さいころから一緒に遊んでもらった記憶がありません。

魅力や価値を低くして、親にかまってもらいたかったのかもと、私は思いました。

自分を大事にしない、自分の気持ちを言わないという我慢をした結果、やってきているのではないかと思います。

私は、忙しい両親を見て、自分の気持ちを我慢して助けたかったんです。

でも、我慢しきれず魅力や価値を低くして、親に面倒みさせるってことをやってきたんじゃないのかなって思いました。

だって、私の価値が低い→可哀そうな人になり、助けてもらえるかもって思いがあったんです。

そのころのアニメでは、可愛そうな主人公が生き生きな未来をつくれるものが多く、その影響も受けているかもって思いました。

今は、いい大人ですからね。自分の価値や魅力を受け取って、自分らしさを目指しましょうってことですね。

私の課題は、やはり自分を大切にするってことなのかなって思いました。

読んでいただきまして、ありがとうございました。

もし、お役に立てたら友達にシェアすると喜ばれます。

ミイでした。

interior of contemporary house on lake on cloudy day
Photo by Max Vakhtbovych on Pexels.com

【お知らせ】

5月のスケジュール募集中です。お待ちしております。

5月21日(金)21時~のみ

【申し込み先】

Line@からでお願いします。

あなたの幸せを応援しています。

ミイでした。

Follow me!