【疫病退散】自分を大切にするって大事だね・・・続き

愛豊かな皆様。

ようこそ。癒しの場、ココロのオアシスへ

偽りの自分を鎧を脱ぎ、3ヶ月でありのままのスッピンな自分になれる方法を教えます。

心理カウンセラー ミイです。

今日は、雨降りですね。湿度が高くてジメジメしています。ジメジメも不快ですね。

この前、ブログに書いたんですけど、約1か月くらい私は体調不調に陥ってました。

昨日、退院後の再検査&再受診に行ってきました。検査値もほぼ標準値になっていて、仕事復帰可能になりました。

約1か月間くらい、寝ている生活をしていたので、仕事できるかなって不安ですが、仕事場に行くことだけを目標にして、体力を徐々に戻していきたいです。

お弟子3期生の仲間から、メッセージ数々、嬉しかったです。

ありがとうございました。

people silhouette during sunset
Photo by Min An on Pexels.com

で、今回はそのあと、不思議なこと?があったので書きたいと思います。

一人暮らしの皆様、体調不調を起こしたとき、親とかに連絡しますか?

私は、すぐに治るかもって思って、連絡しない人です。

でも、今回はたまたま親から連絡入ったことと、入院することになったので連絡を入れました。

(一人では無理って改めて感じた)

親が心配して、関西まで来ました。(来なくてもいいよっていったんだけど、来るって聞かなかった)

その時、亡き祖父母の写真を持ってきて、父が言いました。

毎晩、父の枕元に亡祖母が立ち、「○○(私の名前)はどうした?」「何かあったのか」って聞かれると。

よっぽど、会いたいのかと思って、写真を持ってきたと。

両親が来たときには、体調がまだまだだったので、それを心配して枕元に立ってくれたのかなって、私はおもいました。

一方で、父の作り話なのかもって思う自分もいたけどね

写真の祖父母を見ながら、(両親が出かけていないときに)

ばあば、じいじ。体調がすぐれず・・・辛いよ。(涙)

自然に涙が出てきました。

泣いたため、すっきりしたのと同時に、体調のしんどさが良くなってきました。

そこから、毎日少しずつ、身体が軽くなってきています。

不思議ですね。

もしかしたら、亡祖父母が私にエネルギー分けてれたのかも・・・です。

ありがたかった。

adult affection baby child
Photo by Pixabay on Pexels.com

で、再確認したことは、感情に寄り添うことで、すっきりすること。

体調不調のなか、あまりにも辛いのとしんどいさで何回も泣いた。

そうすることで、気持ちが落ち着いた。

体調が良くなっていかない中で、希望の光をみつけるのは自分自身ではとても難しい。

他の人(家族、友人、仲間、カウンセラーなど)から、言われる言葉が安らぎになるってことを実感した。

私たちカウンセラーは、その希望の光なんだなって思った。

また、悩みを打ち明ける相手がいない場合は、カウンセラーを頼るのもいいかもって、再確認した。

お抱えカウンセラー探しは、ここへ。

読んでいただきまして、ありがとうございました。

メッセージいただいた皆様、ありがとうございます。

来週から、仕事復帰します。

ミイでした。

Follow me!

日記

Posted by ミイ