【ココロノマルシェ相談】元彼への執着がほぼ消えたのに、消え切らない。

2020年12月28日

こんばんは!

元看護師+現産業保健師。

約1万件以上の面談経験があるカウンセラー ミイです。

みなさん、仕事納めしましたか?

私は年内の産業保健師としての仕事は終了しました。

心理カウンセラーとしては、年内いっぱいはご相談があれば対応していきます。

なかったら、終了です。

執着とは、

別れたパートナーが忘れなかったり。

大好きな彼と付き合い続けられなかったことを嘆き続けたり

パートナーに優しく出来なかったこと。

愛してあげられなかったこと。

ずっと、こころの中にいる状態です。

この状態は、攻撃的な、否定的な思いが巡り、前に進めず、苦しい状態。

執着を手放しして、楽になっていきたい。

この相談者さんも、そう思って執着を手放ししたのに、まだ出来ていないって嘆いています。

根本裕幸師匠主催のココロノマルシェに投稿されたご相談に回答していきます。

元彼への執着がほぼ消えたのに、消え切らない。 | ココロノマルシェ (cocoro-marche.com)

ご相談文

前回、こちらの記事(https://cocoro-marche.com/archives/1986)で相談をさせていただいたusaです。ちょうど相談を送信したのが6月だったので、今12月ということでちょうど半年が経ちました。 前回の記事で最後に別れた年下の元彼についてですが、一旦全てブロックしたものの、やはり連絡を取りたくなって連絡をとってしまい、SNSでも再度繋がって、10月末までなんだかんだで毎日連絡をとっていました。 しかし、私自身自分がどうしたいのか分からないまま、自分の依存心が求めるまま連絡をとっていたような状況で、元彼に近づけば近づくほど苦しいのに、なぜか連絡を取りたくなって近づきたくなってしまう。寄りを戻したいわけではないのに、繋がっていたい、という不思議な感じでした。 このままでは、ずっとこの状況が続くなと思って、10月末に元彼を連想させるものは全て捨てました。(LINE、SNSは全部ブロックして、SNSはアプリごと消して元彼との共通の友人の情報も全部遮断。プレゼントでもらったものや、お揃いのものも全部捨てました) その後、元彼を思い出すことが段々と少なくなってきていて、連絡を取りたいと思うことはなくなりました。でも、毎日ふと思い出してはイライラします。幸せになってほしくないという恨みの感情が湧き上がります。その感情が湧き上がることにもイライラしてしまう始末です。 元彼はよく考えたら、離婚した元夫と似ている人で、私は元夫としたかったことを元彼で実現していたような部分がありました。だから、私は元彼に執着しているのもあると思うのですが、元夫との過去にも執着しているのかもしれないと思い、自分のブログに当時の元夫とのことを書いた振り返り記事を書いてみたり(https://usab1og.com/entry/divorce_short)、過去の自分を振り返る記事を書いてみたり(https://usab1og.com/entry/tell_a_lie 、 https://usab1og.com/entry/love_dependence)、自分にとことん向き合ったら、元夫に対して持っていた寂しい気持ちや、両親に対して持っていた愛情が欲しかった気持ちが湧いてきました。 ブログを書くことが自分のライフワークかもしれないと思えるようにもなってきて、これまで恋愛をしないと生きていけないレベルの恋愛依存者だったのですが、今初めて別に恋愛をしなくても生きていけるなとも思えていて、順調にも思えるのですが、元彼への執着の残りというか、イライラが少し残っていることがすごく嫌です。 自分がものすごく幸せ、満たされているという状態になれば気にならなくなるのかもしれませんが、この執着が消えずにまた復活してしまうのではないかとハラハラしてしまいます。 まとまりのない文章ですみません。この執着に対して同アプローチしていくのがいいのか、アドバイスをください。

【ミイからの回答】

usaさん。

ご相談ありがとうございます。

はしめまして。ミイです。

>まとまりのない文章ってとんでもないです。

すごく読みやすいです。ありがとうございます。

usaさん

執着を手放すこと頑張られたんですね。

>元彼を思い出すことが段々と少なくなってきていて、連絡を取りたいと思うことはなくなりました。

と、連絡したくない気持ちになるまで、元カレへの思いを手放すことできたんでね。

すご~いですね。

執着を手放すって、

自分のこころの下の下(無意識)まで、向き合うので、とてもしんどいことです。

私も手放しワークしたんですが、自分と向き合うことがしんどくて、難しくて、なかなか出来ませんでした。

それを、ご自身にとことん向き合われたこと、手放せたことはすご~いし、素晴らしいです。

まずは、出来た自分に「私はえらい」「私はすごい」「私は素晴らしい」「頑張ったね」って誉めましょう。

ももさん。

>ブログを書くことが自分のライフワークかもしれないと思えるようにもなってきて、これまで恋愛をしないと生きていけないレベルの恋愛依存者だったのですが、今初めて別に恋愛をしなくても生きていけるなとも思えていて、順調にも思えるのです。

って、自分の成長が実感できている。すごい順調に進んでいます。

恋愛依存って思うほど、頭の中を彼のことでいっぱいだったんですよね?それが、思い出すことが少なくなったっていうことは、自分が成長した証拠だし、手放すことが進んでるってことです。

私なら、元彼のこと思い出すこと少なかった=セピア色になってきたって、やった〜っと喜びます。

だって、大好きで、いつも彼のこと思ってた=彼軸だったのに。自分がやりたいこと=ライフワーク中心にできてきたこと。素敵だからです。

なのに

>この執着が消えずにまた復活してしまうのではないかとハラハラしてしまいます。 

っ心配になってます。

なんだかもったいないなぁと。

なぜ、usaさんがやってきたことに心配なっちゃうんでしょう。

それは、usaさん自身がやってきたことに自信がもてていないので、心配になっているだけなのかな。

って、私は思います。

後、執着しているってことに執着していませんかね。

それを、usaさん自身ができないことを嫌っているではないでしょうか。

執着を手放したいって思ったら、執着が全部なくなることを望むます。

だから、すこしでも元カレのことをおもいだしたら、思い出しちゃったって悲しくなったり、思い出す自分に対して、イライラする。

そんな状態にusaさんもなっていませんかね。

執着を全部手放せたら、いいけど。手放すことが目標になっていると、手放し出来たことが、出来ないことになっていまいがちです。

なので、

今は、完璧に執着が出来てなくてもしゃーない、しゃーないです。

**

私も、元カレと別れたとき、彼を愛してあげることが出来なかったとしばらく後悔とし執着してました。元カレへの思いや苦しさを手放すまで数ヶ月かかりました。

元彼への思いは少し残りましたが、彼への愛や思い出は心に残っててもOKになったら、セピア色になりました。

usaさんの場合も

10月末でお別れしたってことは、まだ約2ヶ月しか経ってないってことです。元カレへの思いが強かったんです。すべての思いが忘れていなくて当然です。

元カレのことを思い出す自分を嫌わないで欲しいんです。

だって、usaさんは

元カレのこと、忘れなれないほど愛したんです。愛が強いんです。

usaさん自身がやってきたこと、得てきたものを見て、

元カレのこと思い出すけど、自分のやりたいことできるようになったね。

自分に〇を付けていきましょう。

私の意見は、usaさんはそのまま進んでいて大丈夫ってことです。

もうじき、元カレのことを思い出がセピア色になりますよ。

信じて進みましょう。

そして、どーしても苦しんだ、なんとかしたいってことなら

カウンセラーを頼ってほしいです。

ももさんの幸せを願ってます。

読んでいただきありがとうございました。

カウンセラー ミイでした。

いろんな思いに寄り添います。

カウンセリング

申し込みはこちらから

Follow me!